ピレニーズの健康管理 

   ★☆ 外耳炎 ☆★

ピレニーズのように耳がたれ下がる犬は、必然的に耳のトラブルのおこりやすい犬種だ
ということが出来ます。

これは、耳の中の通気が悪く、常に蒸れて居る状態になっているからで、よく観察していないと
気が付いたときには、ひどい外耳炎になってしまっていることがあります。

外耳炎は耳を持ち上げてみると耳道(じどう)にチョコレートの解けたみたいな茶色の
耳垢が出てきて、特有の臭いも有ります。
犬は、耳が気持ち悪いので、頭を振ったり、耳を掻いたりすることが多くなるので、
注意深く犬を観察していると容易に発見できると思います。
外耳炎になってしまうと、犬は、耳を触られるのを嫌がる事が多く、繊細な部分だけに
治療にも困ってしまうようです。

耳は悪くなるもの・・・ 位のつもりで普段からチェックを忘れないようにしましょう。

時々、洗浄液を使って耳の奥まで掃除する習慣を、子犬のときから付けると、
外耳炎に成る事は、ほとんどありません。

悪くなって獣医にかかるより、まず予防!!

洗浄液の種類、洗浄方法など 詳しくはご遠慮なくお尋ねください。